海外FXで勝つためには約定力の高い会社を選ぼう

海外FXで利益を狙うためには会社選びが重要です。国内FX会社の場合もそうですが、提供されるサービスや価格、約定力、信頼度などは取引する会社によって変わってきます。このため、まったく同じような取引をしていても、どのFX会社で取引しているかで収益性が大きく異なるのです。

海外FX会社を選ぶ場合、①で述べたスプレッドはもちろん重要ですが、私はスプレッド以上に重要なことがあると考えています。それは、各会社の約定力です。「約定」とは、注文が成立することです。そして、「約定力」とはFX会社において注文が成立する能力を指しています。

約定力は、もちろんすべてが数字によって測れる力ではありません。そこで、注文を出してから注文が成立するまでの下記の項目を総合的に評価していく必要があります。

ここでは、海外FX会社の「約定力」を判断するポイントを説明していきましょう。

たとえば、1ドルAsk:101.560円のときに買いの成行注文を出した場合、約定まで2秒かかったら、それが「約定までの時間」です。

また、その際に約定した価格が101.568円だとすると、【101.560−101.568=0.008】が注文時に指定した価格との差、つまりこの取引における「スリッページ」になります。

そして、これは指標発表時など価格が激しく動いているときに起こりやすいのですが、仮に1ドルAsk:101.560円のときに買いの成行注文を出したにもかかわらず、約定しないという場合があります。これを「約定拒否」といいます。

こうした約定力の違いは、FX会社が顧客からの注文をどう処理しているかによって異なります。少し専門的な話になりますが、ここでFX会社が顧客の注文をどのように処理しているかを見ていきましょう。 FX会社が顧客の注文を受けた場合の処理には、大きく分けて2種類の方式があります。

OTC方式

「OTC方式」では、顧客の注文をFX会社がいったん自己で決済します。顧客に提示するレートはFX会社が決めることができ、FX会社との相対取引になります。

たとえば、顧客がドル円を買うとFX会社は顧客にドル円を売ることになります。そのままドル円が上昇すると顧客がけてFX会社が損をし、ドル円が下がるとFX会社がけて顧客が損をします。一部の悪徳FX会社はこの仕組みを悪用し、提示するレートを極端に操作して顧客のストップロスを誘発し、自社の利益とするなどの不正行為をしていました。

まともな「OTC方式」のFX会社は、一度自社で注文を決済し、そのあとカバー先の銀行に流したり、顧客同士の注文を相殺(マリー)したりして自社と顧客が利益相反にならないような体制をとっています。ただ、一度自社で注文を受ける関係上、値動きの激しいときや流動性の少ないときは極端なリスクを避けるため、大きな注文の場合約定拒否や遅延が発生することがあります。

日本のFX会社の場合、流動性が高くマリー率が高いうえにカバー先も豊富なため、OTCのデメリットは少ないです。ですが海外のOTC方式のFX会社の場合、約定レートが極端に悪くなることもあります。

OTCがすべて悪いわけではありませんが、こうしたリスクもあるため、海外FX会社を選ぶ際は避けたほうがよいでしょう。

NDD方式

いわゆるインターバンク直結方式です。顧客の注文は直接インターバンク(カバー先)に発注され電子的に執行されます。このためFX会社が価格を左右したり、約定を遅らせたりするなどのリスクが排除され、またFX会社と顧客との利益相反もなく公正な注文執行がなされます。

FXをやっているとインターバンクという言葉をよく耳にする機会がありますが、実際にこういった名前の銀行があるわけではありません。少し漠然としていますが、インターバンクというのは実際にはECN(ElectronicCommunicationsNetwork)や直結カバー先(銀行など)のことを指します。

ECNとは個人投資家、ファンド、銀行、FXブローカーといった多くの参加者が相互に注文を出し合う、いわゆる私設取引所というものです。株取引などと同じ板取引であり、板があれば約定するため、約定拒否や約定遅延はありません。こうしたECNのみをカバー先としたFX会社をECNブローカーといいます。

これに対して、直結カバー先(銀行など)に注文を出すFX会社をSTPブローカーといいます。多くのSTPではECNに加え直結カバー先(銀行など)を保有することで流動性を高めています。

おすすめはNDD方式を採用しているXMTRADING

XMTRADINGはNDD方式を採用している代表的な業者です。NDD方式を採用しているのはもちろん、最大888倍という高いレバレッジ水準や、口座開設ボーナスや入金ボーナスといったボーナス制度も充実していて、FX初心者にもベテラントレーダーにとっても魅力的です。

私は「XM(XMTrading)ってどうなの?気になる評判や特徴を全て解説します」という記事を参考に、口座開設を決心しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

海外のFXはハイレバが当たり前!

海外FX会社では、ほとんどのブローカーで100倍以上のレバレッジでの口座開設が可能です。

100倍以上と聞くと、そのあまりのハイレバレッジに二の足を踏みそうになる人もいるでしょう。もしくは、そんな大きすぎる取引で成功するわけがない、非現実的だと感じる人もいるかもしれません。

しかし、私の知り合いには勝率が高そうなときに海外FX会社を通じてハイレバレッジでの取引をし、たった1カ月で100万円を1,600万円に増やした人もいます。

このように、海外FX会社であればハイレバレッジでの取引ができるため、ここ一番で大きく勝負したいときに利用すれば莫大な利益を得ることも可能です。

ハイレバレッジというと、どうしても一方向に大きくトレードするハイリスク・ハイリターンのギャンブルのようなイメージを抱かれてしまいがちです。

もちろん、きちんとした分析や資金管理なしに手を出すのは問題ですが、使うポイントさえ間違えなければ、トレードの際に有効に作用するものでもあるのです。

海外FX会社は国内の会社に比べて口座開設が面倒そう、と思う人もいるでしょう。実際に、「英語ができないから」「海外だと、なんとなく不安」といった声もよく聞きます。私自身も、海外FX会社との英語でのやり取りにストレスを感じることもありました。

しかし、今ではオンライン上で10分もあれば簡単に口座開設ができるようになりました。また、その取引規模の大きさから、日本人は無視できないマーケットであるとして、有力な日本語サポートを設けているFX会社も多いです。

もう「英語ができないから、海外FXはちょっと……」と敬遠する時代ではなくなったのです。事実、まったく英語がわからなくても海外FX会社を利用している人は大勢います。

この本を執筆している2014年5月現在は、方向感の出にくい相場だといえます。その傾向は、しばらくは大きく変わらないでしょう。だからこそ、現状打破のためにも海外FX会社を試してみてください。

では具体的にどの業者を選ぶかについてですが、【2020年最新】プロトレーダーが選ぶオススメの海外FX業者 BEST7という記事を参考にしながら選ぶと良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする